自炊プランのある関西自動車学院の合宿免許に参加しよう

女の人

小型船を運転する

船

一度でいいから船を運転してみたいと考えたことのある人は少なくありません。船を運転するためには船舶免許という国家資格が必要になります。船舶免許は操縦する船の大きさによっていくつか種類があるのです。小さい船を運転するためには小型船舶免許が必要で、これを取得していれば小型船の船長になることができるのです。この免許には1級と2級が存在しているのです。それらの違いはどのように決められているのかというと、運転できる航海区域によって異なっているのです。近い場所だけで小型船を運転できれば充分だという場合は、2級の船舶免許を取得するといいでしょう。2級は海岸から5海里までの海域だけで船の操縦を許されています。5海里というのは約9キロメートルほどです。それ以上の沖へ行きたいという場合は1級を取得するといいのです。1級の船舶免許には操縦範囲がとくに決められていません。

船舶免許を取得するといってもどのような方法でできるのか知らない人が多いでしょう。取得する方法は大きく分けて3種類あり、一般的なのがボートスクールで操縦の仕方やルールを教わり国家試験を受けるという方法です。独学で国家試験を受けることもできますが、操縦経験を積むことができないのでかなり難しいでしょう。もう一つの方法は、登録されている小型船舶教習所で決められた期間学習してカリキュラムを卒業して修了試験に合格することです。その試験を合格することで国家試験は免除になるのです。